イシュアー向けの多要素認証
3Dセキュアバージョン1と2の活用

3DセキュアACS - ActiveAccess

EMV 3-Dセキュアで安全・セキュアな認証を利用する

EMV® 3-Dセキュア2は、フリクションレスで、安全で、便利な決済を可能にするために設計された業界標準プロトコルであり、多要素認証を利用してSCAに対応することによってPSD2の適切な基盤を構築します。この新しいプロトコルは、フリクションレス・フローと強力なセキュリティの必要性を両立させます。

EMV® 3-D セキュア 2は、リスクに応じた認証を活用し、イシュアーがリスクスコアに基づいて、取引の許可、拒否、チャレンジなどの認証の決定を知識の裏付けを持って行えるようにすることで、チャレンジが要求される取引の数を減らし、フリクションレスな体験を促進します。

EMV® 3-D セキュア 2は詐欺およびかご落ちを減らすだけでなく、ワンタイムパスワード、トークン、生体認証など、さまざまなユーザーフレンドリーで安全な認証方式もサポートしています。それにより、静的なパスワードを覚える必要性が軽減され、クライアントにストレスフリーな体験が提供されます。

すべての主要な国際ブランドに準拠

ActiveAccessが準拠している主要な国際ブランドは、Mastercard、Visa、American Express、JCB、Discoverです。

active access badges

弊社のオールインワンACSソリューションで認証をステップアップ

ActiveAccessは、クレジットカードのイシュアーおよびアプリケーションサービスプロバイダー向けに設計された拡張性の高いカード会員認証システムです。ActiveAccess認証プラットフォームは、豊富な機能を備えた銀行グレードのアプリケーションです。
新しい3DS2プロトコルがリリースされたことで、ACSの移行や3DS1取引の処理方法に関する多くの混乱が生じています。
しかし、心配する必要はありません。弊社にお任せください。Gpayments ACSは、フレンドリーなオールインワンソリューションであり、同じアプリケーション内で3DS1と3DS2の両方をサポートすることで、イシュアーが3DS1から3DS2へ簡単に移行し、2つのプロトコルを並行してサポートすることを可能にしながら、両方のプロトコルを使用可能な状態に保ちます。

面倒のない統合

統合プロセスは非常に簡単で、統合を実施するのに必要な技術的知識が比較的少ないため、ソリューションの全体的な所有コストがさらに削減されます。

取引管理

ActiveAccessは、基本的なプロトコルレベルのメッセージの詳細を含む、カード会員の取引に関する詳細情報を提供します。

カスタマイズ可能な認証プロセス

ActiveAccessでは、各イシュアーがイシュアー固有のロゴやメッセージが記載された認証ページをアップロードすることによって、カード会員向けの認証プロセスをカスタマイズすることができます。

ActiveAccessの機能の概要

多要素認証をサポート

このモジュールは、セキュアな環境でアクセスまたは取引を行うユーザーを認証するためのサービスを提供します。それには複数の形態の認証が必要です。このモジュールがサポートしている認証チャネルには、SMS経由のモバイルデバイス、ワンタイムパスワード(OTP)、電子メール(OTP)、生体認証デバイス(指紋/顔/音声認識)、EMV/CAP、TANなどがあります。

マルチイシュアーのサポート

シングルイシュアーとマルチイシュアー、および個々のイシュアーが論理的に別々のエンティティとして維持されるイシュアーグループの作成と管理が可能です。

広範なレポーティング

カード会員の活動、加盟店の活動、購入レポートなどに関する広範なレポートセットを提供します。

ActiveAccessの機能の概要

リスクベース認証

3DS2は、フリクションレス・フローを促進するために、取引中に加盟店からイシュアーへ豊富なデータ(デバイス情報、位置情報、加盟店情報、取引情報など)を送信する機能をサポートしています。これにより、イシュアー銀行は、カード会員に認証チャレンジを要求するかどうかについてリスクに基づく決定を行うことができます。

アウトオブバンド認証

OOBを介して3DSフロー外部のチャレンジ活動の実施が可能になります。これにより、イシュアーは、生体認証など、他の望ましい認証方式を利用する柔軟性を得られます。

非決済認証

非決済取引でのカード会員確認をサポートしているため、加盟店は3DSエコシステムのセキュリティの保護下で、チャージを処理する必要なしに、イシュアーに問い合わせてカード会員の身元を確認することができます。

decoupled illustration
ケーススタディ

ウクライナ処理センターと3Dセキュア

ウクライナ処理センターは、オンライン詐欺と戦うには非対面のeコマース取引でカード会員の身元を確認するための追加の認証が必要であること、また、フィッシング攻撃の増加によるオンラインセキュリティ脅威を軽減するには、インターネットバンキングで追加の認証を行う必要があることに気付きました。

case study- ukrainian processing centre and 3d secure
なぜGPaymentsなのか
1999年に設立され、アジア太平洋地域で初めてアクワイアラーサイドとイシュアーサイドのクライアント向けの3Dセキュアソリューションを開発したGPaymentsは、3DSプロトコルに関する深い専門知識と熟達した技術を持っています。

現在GPaymentsは、日本とオーストラリアにおける3Dセキュアのアクワイアラー市場のリーダーであり、東欧における3Dセキュアのイシュアー市場のリーダーです。GPaymentsは、10万以上の加盟店、100以上の銀行、92の直接顧客と販売店、世界33か国にサービスを提供しており、2016年以降、ACSは前年比100%の増収を続けています。
始める準備はできていますか?

お客様の情報を入力していただけば、スタッフがすぐにご連絡いたします.

+61 294535411
sales@gpayments.com
お問い合わせ内容は送信されました。間もなく確認メールが届きます。
お問い合わせ内容の送信中にエラーが発生しました。もう一度送信してください。

一般的なお問い合わせは、

sales@gpayments.com

宛ての電子メールでお願いします

Copyright © 2021 GPayments Pty Ltd. All rights reserved.
Privacy Policy / Cookies
/ Company Policy