ソリューション>ActiveMerchant>ActiveMerchant Enterprise

ActiveMerchant Enterprise

決済代行会社向けの3Dセキュア加盟店用プラグイン

ActiveMerchant Enterpriseは、アクワイアラや決済代行会社、またはサードパーティのプロセッサなどのサービスプロバイダー向けの加盟店認証システムです。大容量のトランザクションを処理し、管理されたサービスとして大規模加盟店ベースにVISA認証サービス、Mastercard SecureCode、JCB J/Secure、American Express SafeKeyおよびDiners Club International ProtectBuyの各認証サービスを提供します。

ActiveMerchant Enterpriseは数々の柔軟な実装オプションを提供することで、個々の加盟店が必要とするVISA認証サービス、Mastercard SecureCode、JCB J/Secure、American Express SafeKeyおよびDiners Club International ProtectBuyへのサインアップに必要な手続きを緩和してくれます。サービスプロバイダー向けに集中型の管理インターフェイスを提供することにより、加盟店の現行の運用要件および管理要件を最小化します。

ActiveMerchant Enterpriseは複数のオペレーティングシステムやハードウェアプラットフォームにまたがる柔軟性に富んだ実装オプションを提供します。インストールが簡単で、直感的なウェブベースのインターフェイスを通じてシンプルに管理できます。主要な関係データベースを活用してトランザクションを保管し、複数の物理サーバーにまたがって拡張でき、ピーク時の負荷を支えます。

ActiveMerchant Real-time Cardholder

カード会員およびクレジットカードのための実績あるリアルタイムな認証ソリューション

ActiveMerchant Enterpriseはオンラインショッピングの処理の際にリアルタイムのカード会員認証を提供する実績のある認証ソリューションです。ActiveMerchant EnterpriseはウェブリクエストまたはAPIコールの形で加盟店からの認証要求を受け取ります。ActiveMerchant Enterpriseは加盟店の代わりに認証に関するあらゆるメッセージングおよびコミュニケーションに対処し、その後加盟店にコントロールを返し、通常の認証プロセスが行えるようにします。これによりVISA認証サービス、Mastercard SecureCode、JCB J/Secure、American Express SafeKeyおよびDiners Club International ProtectBuyの各プロセスを既存の認証プロセスから切り離すことができるため、加盟店はサービスプロバイダーとの既存の関係性をほとんど変えずに済みます。サービスプロバイダーは、それまでインターネットでの決済処理においてサービスプロバイダーと関係性を持っていなかった加盟店に対し、管理された認証サービスを提供することも可能です。

詐欺およびチャージバックの最小化

ActiveMerchant Enterpriseの主な利点は、VISA認証サービス、Mastercard SecureCode、JCB J/Secure、American Express SafeKeyおよびDiners Club International ProtectBuyの元で認証を受ける際に、加盟店やサービスプロバイダーが詐欺的トランザクションに対する債務責任を移行できるところにあります。ActiveMerchant Enterpriseによりサービスプロバイダーは特定のトランザクションを検索し、正常な認証を判断することができます。真贋を問われるトランザクションがあり、そのトランザクションが認証された場合、ActiveMerchant Enterpriseは債務責任の移行の目的で当該のトランザクションの「証明書」を回収することができます。

Fraud and Chargeback Minimisation
Unlimited Test Facility Access

無制限のテスト施設アクセス

GPaymentsではActiveMerchant Enterpriseのユーザーに完全なVISA認証サービス、Mastercard SecureCode、JCB J/Secure、American Express SafeKeyおよびDiners Club International ProtectBuyのテスト施設をご用意しています。これにより、個々の加盟店はそれぞれのサービスプロバイダーで実行しているActiveMerchant Enterpriseにテストメッセージを送信し、そのサービスプロバイダーがメッセージを正しく組み立てることを確認できます。

加盟店がシンプルに統合できる

ActiveMerchant Enterpriseはサービスプロバイダーの既存のインターネット決済代行会社と並行して稼働できるようにデザインされています。リモートのソフトウェアプラグインモデル(API)を通じて決済を処理する加盟店を支援するにあたり、既存のインターネット決済代行会社には一切変更の必要はありません。同様に、加盟店が現在インターネット決済処理に使用している既存のAPIには何の変更も必要ありません。

Simple Merchant Integration
Multi-Platform Support

複数プラットフォームをサポート

Javaテクノロジーの上で構築されているActiveMerchant Enterpriseは複数プラットフォームをサポートしています。ActveMerchant EnterpriseはVISA認証サービス、Mastercard SecureCode、JCB J/Secure、American Express SafeKeyおよびDiners Club International ProtectBuyのトランザクションを直接また安全に処理し、トランザクションデータを先進の関係データベースシステムに保管して、既存のウェブサーバーからは独立して動作します。

OR

お試しください

ACTIVEMERCHANT
ENTERPRISE

ダウンロード

ご購入

ACTIVEMERCHANT
ENTERPRISE