あらゆる統合とテストのニーズに対応する、ホスティング3 Dセキュアテストプラットフォーム

3DS1および2のテスト 環境:TestLabs

あらゆるお客様のためのテストプラットフォーム

TestLabsは、エンドツーエンドの3Dセキュア認証テスト環境です。TestLabsは、既存の3Dセキュアソリューションの導入や、独自の3Dセキュア製品を構築する際に使用できます。TestLabsは、3DS1または2のコンポーネントのテストや、製品統合テストの実行に使用できます。

よりリアルなテスト結果

シミュレータを利用した多くのテストツールとは異なり、TestLabsは、実際に開発された完全な3Dセキュアコンポーネントで構成されています。ActiveServer(3DS2の3DSサーバー)、ActiveMerchant(3DS1のMPI)、ActiveAccess(アクセスコントロールサーバー)、ActiveDS(ディレクトリサーバー)です。これにより、ユーザーはよりリアルなテスト結果を得ることができるだけでなく、カスタムのテストケースを柔軟に指定することができます。

国際ブランドのコンプライアンステストをより迅速に通過

TestLabsを使用すると、国際ブランドの認定テストを開始する前に、すべてのテストシナリオで正常な結果を出力することを確認できます。これにより、国際ブランドの認定をより迅速に通過できるようになり、認定テストにかかる時間的なコストを節約できる可能性があります。

高く安定したシステムパフォーマンスの確保

TestLabsを利用することで、定期的にテストケースを実行し、決済システム内のすべての認証シナリオが意図したとおりに動作していることを確認できます。これは、構成の変更や製品バージョンのアップグレード後に特に有効です。

統合パフォーマンスの向上

ActiveMerchant は 15 年以上にわたり、世界中の大手銀行、決済代行会社、大手加盟店から、安定性、高性能、使いやすさで信頼されてきました。

アクワイアリング企業とイシュイング企業の両方に対応した3Dセキュアのテストプラットフォーム

Thank you! Your submission has been received!
Oops! Something went wrong while submitting the form.
merchant flow

全てのアクワイアリングシナリオに対応したテスト手順

TestLabsには、3DSサーバー(3DSS)や加盟店プラグイン(MPI)のテストを可能にするため、3DS2と3DS1の両方の広範囲のあらかじめ決められたテストケースが用意されています。国際ブランド、認証チャネル、テストシナリオの様々な組み合わせをテストできます。主要なテストシナリオはすべて網羅していますが、加盟店/アクワイアラーのデータのカスタマイズも可能です。

3DSサーバー/MPIのテストは、加盟店や代行会社がテストシステムや加盟店のサイトを使って開始します。TestLabsのACSとDSには、様々なシナリオに対応したテスト用のカード番号、アクワイアラーと加盟店の詳細情報が設定されます。GPayments のソフトウェアには、TestLabs の接続情報があらかじめ設定されていますが、他のベン ダーのソフトウェアを接続することもできます。

TestLabsはお客様のテストニーズを様々な形でサポートします。

接続・設定テスト

新規に3DSを導入するお客様に適しています。

3DSソリューションのインストールと設定が完了したら、TestLabsを使用してアプリケーションの接続と設定が正しいことを確認できます。このプロセスでは、アプリケーションに必要な3DSの設定と、3DSエコシステムの他のコンポーネントとの接続に必要なお客様のネットワーク設定を検証します。

統合テスト

新規に3DSを導入するお客様に適しています。

3DSコンポーネントの実装とテストが成功した後、実稼働環境に導入する前に、国際ブランドの実装にあたってコンプライアンステストを行う必要があります。たとえば、VisaはVSTS環境でテストする必要があります。TestLabsには3DSに必要なすべてのコンポーネントが含まれているため、国際ブランドのテストを行う前に、3DSコンポーネントのコンプライアンステストを行うことができます。

まずTestLabsを使用して正しく統合されていることを確認することで、国際ブランドテストに必要な時間とコストを大幅に削減できます。一部の国際ブランドのテストには料金がかかり、一定期間内にテストが正常に完了しなかった場合、テストを再スケジュールする必要があり、再テスト料金が発生する場合があります。

導入テスト

新規に3DSを導入、また導入済みのお客様に適しています。

導入にあたって、3DSコンポーネントが3DSトランザクション中に受け取るレスポンスを様々なシナリオでテストしたいと思われるでしょう。これは、タイムアウトやその他のエラーシナリオなどのコーナーケースをテストする際に特に有効です。

TestLabsでは、右の表に示すように、様々な国際ブランドやシナリオのテストカードを使用して、3DSコンポーネントをテストする機能を提供しています。

継続テスト

3DSを導入済みのお客様に適しています。

3DSS/MPIの実装にあたり、TestLabsを使用して、3DSコンポーネントの安定性と整合性を確認するための継続的な機能テストを実施したり、国際ブランドから受け取った最新の仕様や要件をテストしたりできます。

また、TestLabsは、決済代行会社の新規加盟店が、初期設定やオンボーディングプロセスにおいてテストを行うためにも利用できます。

対応国際ブランド
badges
対応する認証チャネル
ブラウザ (PA & NPA)
アプリ (PA & NPA)
3RI (NPA)
あらかじめ設定されているテストシナリオ
認証成功-フリクションレス (Y)
認証成功-チャレンジ (Y)
認証試行 (A)
カード未登録 (N)
認証失敗 (N)
認証利用不可 (U)
認証拒否 (R)
上記以外にも、GPaymentsはカスタマイズしたテストケースのリクエストを随時受け付けております。
bank issue flow

すべてのカード構成に試験を実施

ACSで可能なカード構成が豊富なため、TestLabsは、各シナリオでそのようなカードが適切に構成されているか否か試験を実施し、意図した結果を出せるか否かについて調査するため、イシュアーバンクを支援します。さらに、TestLabsは同様な目的で、新たなACSバージョンにアップグレードする際にカードシナリオの試験を実施するために使用できます。

ACS試験において、TestLabs 3Dセキュアサーバおよびディレクトリーサーバは試験カードの範囲、保有者および加盟店情報、試験実施者ACSのURLで構成されています。さまざまなシナリオの試験カードは試験実施者のACSに設定されます。

試験実施者は、全機能を駆使した3Dセキュアリクエスターで、3つのデバイスチャンネル(ブラウザベース、3RI、アプリベース)を介して試験カードを使って購入します。試験実施者のACSで受信したPANは、GPayments DSが送信したメッセージ内にあり、適切なレスポンスを行うために必要なやり取りを特定するために使用します。

TestLabsはさまざまな方法でお客様のテストニーズをサポートします:

接続・設定テスト

接続・設定テスト

3DSソリューションのインストールと設定が完了したら、TestLabsを使用してアプリケーションの接続と設定が正しいことを確認できます。このプロセスでは、アプリケーションに必要な3DSの設定と、3DSエコシステムの他のコンポーネントとの接続に必要なお客様のネットワーク設定を検証します。

統合テスト

新規に3DSを導入するお客様に適しています。

商品展開の前、かつ3DS構成品の適用と試験が成功した後、国際ブランドは適用業者にコンプライアンス試験を実施することを求めています。例えば、VisaはVSTS環境で試験を実施することを求めています。TestLabsは必要なすべての3DS構成品が含まれているため、国際ブランド試験を実施する前に、どのような3DS構成品(ACSを含む)のコンプライアンス試験に使用できます。

まずTestLabsを使用して正しく統合されていることを確認することで、国際ブランドテストに必要な時間とコストを大幅に削減できます。一部の国際ブランドのテストには料金がかかり、一定期間内にテストが正常に完了しなかった場合、テストを再スケジュールする必要があり、再テスト料金が発生する場合があります。

導入テスト

新規に3DSを導入、また導入済みのお客様に適しています。

ACS実装者は、シナリオ別で3Dセキュア取引中に受理したACSレスポンスを試験することも可能です。

TestLabsは、異なるシナリオおよび国際ブランドでセットアップされた試験カード取引を実施することによってACSに試験をする可能性をもたらします。

継続テスト

3DSを導入済みのお客様に適しています

ACS implementers can utilise TestLabs to perform ongoing functional/performance testing to ensure the stability and integrity of their 3DS components.ACS適用業者、は実行中の機能・性能試験を実施するためにTestLabsを使用し、自社の3Dセキュア構成品の安定性および信頼性を実証することが可能です。

3DS ACS Testing

以下のものを対象としたテストを実施します:

  • ACSインストールの成功
  • テストシナリオの構成および試験用DSへの接続の成功
  • テストシナリオの有効な認証結果の生成の成功
  • 既存ACS機能
  • 更新した国際ブランド要件の適合を保証する新たなACS

全てのアクワイアリングシナリオに対応したテスト手順

TestLabsには、3DSサーバー(3DSS)や加盟店プラグイン(MPI)のテストを可能にするため、3DS2と3DS1の両方の広範囲のあらかじめ決められたテストケースが用意されています。国際ブランド、認証チャネル、テストシナリオの様々な組み合わせをテストできます。主要なテストシナリオはすべて網羅していますが、加盟店/アクワイアラーのデータのカスタマイズも可能です。

3DSサーバー/MPIのテストは、加盟店や代行会社がテストシステムや加盟店のサイトを使って開始します。TestLabsのACSとDSには、様々なシナリオに対応したテスト用のカード番号、アクワイアラーと加盟店の詳細情報が設定されます。GPayments のソフトウェアには、TestLabs の接続情報があらかじめ設定されていますが、他のベン ダーのソフトウェアを接続することもできます。

TestLabsはお客様のテストニーズを様々な形でサポートします。

接続・設定テスト

新規に3DSを導入するお客様に適しています。

3DSソリューションのインストールと設定が完了したら、TestLabsを使用してアプリケーションの接続と設定が正しいことを確認できます。このプロセスでは、アプリケーションに必要な3DSの設定と、3DSエコシステムの他のコンポーネントとの接続に必要なお客様のネットワーク設定を検証します。

統合テスト

新規に3DSを導入するお客様に適しています

3DSコンポーネントの実装とテストが成功した後、実稼働環境に導入する前に、国際ブランドの実装にあたってコンプライアンステストを行う必要があります。たとえば、VisaはVSTS環境でテストする必要があります。TestLabsには3DSに必要なすべてのコンポーネントが含まれているため、国際ブランドのテストを行う前に、3DSコンポーネントのコンプライアンステストを行うことができます。

まずTestLabsを使用して正しく統合されていることを確認することで、国際ブランドテストに必要な時間とコストを大幅に削減できます。一部の国際ブランドのテストには料金がかかり、一定期間内にテストが正常に完了しなかった場合、テストを再スケジュールする必要があり、再テスト料金が発生する場合があります。

導入テスト

新規に3DSを導入、また導入済みのお客様に適しています。

導入にあたって、3DSコンポーネントが3DSトランザクション中に受け取るレスポンスを様々なシナリオでテストしたいと思われるでしょう。これは、タイムアウトやその他のエラーシナリオなどのコーナーケースをテストする際に特に有効です。

TestLabsでは、右の表に示すように、様々な国際ブランドやシナリオのテストカードを使用して、3DSコンポーネントをテストする機能を提供しています。

継続テスト

3DSを導入済みのお客様に適しています。

3DSS/MPIの実装にあたり、TestLabsを使用して、3DSコンポーネントの安定性と整合性を確認するための継続的な機能テストを実施したり、国際ブランドから受け取った最新の仕様や要件をテストしたりできます。

また、TestLabsは、決済代行会社の新規加盟店が、初期設定やオンボーディングプロセスにおいてテストを行うためにも利用できます。

対応国際ブランド
3ds1 badges
あらかじめ設定されているテストシナリオ
認証成功
認証失敗
認証試行
PAN 未登録
認証使用不可
技術登録エラー
PARes 署名検証の失敗
応答なし/タイムアウト
応答遅延
上記以外にも、GPaymentsはカスタマイズしたテストケースのリクエストを随時受け付けております。

全てのアクワイアリングシナリオに対応したテスト手順

TestLabsには、3DSサーバー(3DSS)や加盟店プラグイン(MPI)のテストを可能にするため、3DS2と3DS1の両方の広範囲のあらかじめ決められたテストケースが用意されています。国際ブランド、認証チャネル、テストシナリオの様々な組み合わせをテストできます。主要なテストシナリオはすべて網羅していますが、加盟店/アクワイアラーのデータのカスタマイズも可能です。

3DSサーバー/MPIのテストは、加盟店や代行会社がテストシステムや加盟店のサイトを使って開始します。TestLabsのACSとDSには、様々なシナリオに対応したテスト用のカード番号、アクワイアラーと加盟店の詳細情報が設定されます。GPayments のソフトウェアには、TestLabs の接続情報があらかじめ設定されていますが、他のベン ダーのソフトウェアを接続することもできます。

TestLabsはお客様のテストニーズを様々な形でサポートします

接続・設定テスト

新規に3DSを導入するお客様に適しています。

3DSソリューションのインストールと設定が完了したら、TestLabsを使用してアプリケーションの接続と設定が正しいことを確認できます。このプロセスでは、アプリケーションに必要な3DSの設定と、3DSエコシステムの他のコンポーネントとの接続に必要なお客様のネットワーク設定を検証します。

統合テスト

新規に3DSを導入するお客様に適しています。

3DSコンポーネントの実装とテストが成功した後、実稼働環境に導入する前に、国際ブランドの実装にあたってコンプライアンステストを行う必要があります。たとえば、VisaはVSTS環境でテストする必要があります。TestLabsには3DSに必要なすべてのコンポーネントが含まれているため、国際ブランドのテストを行う前に、3DSコンポーネントのコンプライアンステストを行うことができます。

まずTestLabsを使用して正しく統合されていることを確認することで、国際ブランドテストに必要な時間とコストを大幅に削減できます。一部の国際ブランドのテストには料金がかかり、一定期間内にテストが正常に完了しなかった場合、テストを再スケジュールする必要があり、再テスト料金が発生する場合があります

導入テスト

新規に3DSを導入、また導入済みのお客様に適しています。

導入にあたって、3DSコンポーネントが3DSトランザクション中に受け取るレスポンスを様々なシナリオでテストしたいと思われるでしょう。これは、タイムアウトやその他のエラーシナリオなどのコーナーケースをテストする際に特に有効です。

TestLabsでは、右の表に示すように、様々な国際ブランドやシナリオのテストカードを使用して、3DSコンポーネントをテストする機能を提供しています。

継続テスト

3DSを導入済みのお客様に適しています。

3DSS/MPIの実装にあたり、TestLabsを使用して、3DSコンポーネントの安定性と整合性を確認するための継続的な機能テストを実施したり、国際ブランドから受け取った最新の仕様や要件をテストしたりできます。

また、TestLabsは、決済代行会社の新規加盟店が、初期設定やオンボーディングプロセスにおいてテストを行うためにも利用できます。

なぜGPaymentsなのか
1999年に設立され、アジア太平洋地域で初めてアクワイアラーサイドとイシュアーサイドのクライアント向けの3Dセキュアソリューションを開発したGPaymentsは、3DSプロトコルに関する深い専門知識と熟達した技術を持っています。

現在GPaymentsは、日本とオーストラリアにおける3Dセキュアのアクワイアラー市場のリーダーであり、東欧における3Dセキュアのイシュアー市場のリーダーです。GPaymentsは、10万以上の加盟店、100以上の銀行、92の直接顧客と販売店、世界33か国にサービスを提供しており、2016年以降、ACSは前年比100%の増収を続けています。
Have questions about
TestLabs?
Thank you! Your submission has been received!
Oops! Something went wrong while submitting the form.
一般的なご質問は、sales@gpayments.com までお問い合わせください。
Copyright © 2021 GPayments Pty Ltd. All rights reserved.
Privacy Policy / Cookies
/ Company Policy