GPaymentsのTestLabs

エンドツーエンドの3Dセキュアテストが可能

GPaymentsの3Dセキュア(3DS)テストサービスでは、エンドツーエンドの3Dセキュア認証テスト環境を提供しています。シミュレータを使用する多くのテストツールとは異なり、GPaymentsの3DSテストサービスは3DSプロトコル内の3つのライブ認定コンポーネントである加盟店プラグイン (MPI)、アクセスコントロールサーバー (ACS)およびディレクトリ・サーバー (DS)各1つずつから構成されています。これらのコンポーネントは、各々VISA認証サービス、Mastercard SecureCode、JCB J/Secure、American Express SafeKeyおよびDiners Club International ProtectBuyに完全に準拠しています。

システムアーキテクチャ

how it works

サービス

GPayments 3DSテストサービスには、自社のMPIやACSの両方またはいずれか一方のコンポーネントの機能をテストしたい、3DSトランザクションの際に様々なシナリオにおいて自社のMPI/ACSが受け取る応答をテストしたい、または製品統合テスト(PIT)を実施する前にコンプライアンステストを行いたい、など多くの活用方法があります。
GPaymentsのテストサービスではお客様のテスト専用の規定の設定を使用する、あるいは特定のアクション/プロバイダーまたは端末に基づいた固有のイシュア、加盟店ID、アクワイアラのBIN、シナリオ、カードレンジを使用するなど、柔軟性を提供いたします。

接続性と構成のテスト

3DSの新規実装に最適

3DSソリューションがインストールされたら、次はアプリケーションやそのネットワーク環境の構成を行います。3DSアプリケーションの接続性と構成を検証するために、GPaymentsの3DSテストサービスの設定を活用することができます。このプロセスにより3DSアプリケーションの必須構成とともに、3DS内の他のコンポーネントへの接続に必要な実装側のネットワーク設定も検証することができます。

統合テスト

3DSの新規実装に最適

3DSコンポーネントの実装およびテストが正常に終了した後、製品の運用開始を前に国際ブランドは実装側に対して製品の統合テストの実施を求めてきます。例として、Visaでは製品統合テスト(PIT)の実施が求められます。GPaymentsの3DSテストサービスには3DSの必要なコンポーネントが含まれており、これを活用してPITまたは他の国際ブランドのテストを実施する前に、任意の3DSコンポーネントのコンプライアンステストが実施できます。

先にGPaymentsの3DSテストサービスを使用して正確な統合を保証しておくことで、実装側では国際ブランドとのテストに必要となる時間やコストを大幅に削減することができます。PITなどの国際スキームのテストには料金が適用されますが、テストが特定の期間に正常に終了しない場合、テストを再度スケジュールする必要が生じ、さらに再テストの料金が発生する場合があります。

実装テスト

新規または既存の3DS実装者に最適

実装者は様々なシナリオを使用して3DSトランザクションの際に自社の3DSコンポーネントが受け取る応答をテストしたいと思われることでしょう。
GPaymentsのテストシステムでは、様々な国際ブランドや認証成功、認証失敗、認証試行、PAN未登録、応答なし/タイムアウト、PARes署名検証失敗などのシナリオを対象としてテストカードを使用して3DSコンポーネントのテストが行える機能を提供します。

現行システムのテスト

既存の3DS実装者に最適

MPI/ACSの実装者はGPaymentsのテストサービスを活用して現行システムの機能性またはパフォーマンスのテストを行い、その3DSコンポーネントの安定性および統合性を保証することができます。

3DS MPIのテスト
テスト対象:
  • MPIの正常なインストール
  • 正常な構成およびテストDSに対する接続性
  • テストシナリオの正常な動作と期待どおりの認証結果の受け取り
  • 既存MPI機能
  • 最新の国際ブランドの要件に準拠していることを保証するための新規MPI機能

3DS MPIのテストは加盟店によりコントロールされます。GPaymentsのテストサービスACSおよびDSは様々なシナリオとアクワイアラおよび加盟店の詳細情報については、テスト用のカード番号で構成されます。テスターのMPIはGPaymentsのDSの詳細情報で構成されます。

3DS MPIのテスターはGPaymentsが提供する(規定またはテスター用に特に割り当てられている)テスト用のカード番号(PAN)を使用して購入操作を行います。GPaymentsのテストサービスDSはVEReq(MPIより受信)において受信するPANを必要なインタラクションを判定するためのキーとして使用します。

詳しい情報については、 ActiveMerchantのためのGpayments PITテスト用補助機能をお読みください。

3DS ACSのテスト
テスト対象:
  • ACSの正常なインストール
  • 正常なテストシナリオの構成およびテストDSに対する接続性
  • テストシナリオにおける有効な認証結果の正常な生成
  • 既存ACS機能
  • 最新の国際ブランドの要件に準拠していることを保証するための新規ACS機能

ACSテストの場合、GPaymentsのテストサービスMPIおよびDirectory Servicesは、テスト用カードのカードレンジ、アクワイアラおよび加盟店の詳細情報、およびテスターのACSのURLから構成されます。様々なシナリオにおけるテスト用カードがテスターのACS上でセットアップされます。

テスターはテスト用カードを使用してGPaymentsテストサービスの加盟店サイトで購入操作を行います。GPayments DSから送られるメッセージはACSにより受信され、ACSはPANを用いて必要な対応を判断し、応答メッセージを作成します。

詳しい情報は、ActiveAccessのためのGPayments PITテスト用補助機能をご利用ください。